【特徴】
  • 数種類の植物からアミノ酸、ホルモン、ビタミン等を抽出した酵素液です。(竹、イタドリ等数種類の野草、薬草)
  • 竹の成長ホルモンが植物の成長によく効きます。
  • 酵素の働きにより、実を太らせ花の色つやを良くし、収量を高めます。また、こくのあるおいしい作物を作ります。同時に日持ちもよくなります。
  • アミノ酸、ホルモン、ビタミン等を多く含んでいるので植物の根の活性がよくなります。
【使用方法と注意】
  • 基本的には土壌潅水にて300~500倍に希釈して使用します。
  • 7~10日おきの使用が最も効果的です。
  • 容器の下に沈殿物が溜まることがありますが特に問題はありません。
  • 使用後は栓を閉め、直射日光や高温を避けて保管してください。
  • 子供の手の届かないところに保管してください
  • 飲み物ではありません。飲まないでください。
【主要な成分の含有量等】
窒素全量(%)   1.00
リン酸全量(%)  0.01
加里全量(%)   0.85
カルシウム(%)  0.01

【その他の成分】
  • チロシン、カイネチン、アミノ酸、ホルモン、ビタミン、ミネラル等
【使用適期と効果】

対象作物 使用適期 効果
蔬菜類 定植活着後から収穫終了まで7~10日程度 実の肥大促進、成長促進による増収効果
樹勢維持による収穫期の延長
品質の向上ならびに耐病性の向上
スイカ
メロン類
開花前 7~10日
落花  3~5日
以後 7~10日毎3~4回
受精率の向上と実の肥大促進
徒長、株疲れの防止、耐病性の向上
増収及び品質の向上
果樹類 発芽期~開花前 7~10日
着果後~肥大期 月2~3回
着果の向上
着色の促進と日持ちの向上
品質の向上
花卉類 定植活着後 7~10日
以後収穫期 月2~3回
花芽の増加
花持ちの期間延長
樹勢の活性化