当組合は、環境を重視した施業である利用間伐事業を積極的に推進するため、その前提である森林境界の明確化や、健全な森林整備を推進するため組合組織の強化と関係機関との連携を図りながら次のような取り組みをしております。

地籍調査事業

人間にも「戸籍」があるように土地に関する記録「所在、地番、地目、地積、所有者名等」を「地籍」といいます。地籍調査とは一筆ごとの土地について、地籍に関する測量を行い、その結果を地図及び簿冊に作成するものです。

地籍調査により作成された「地籍簿」と「地籍図」は、その写しが登記所に送付され、登記所において地籍簿をもとに土地登記簿が書き改められるほか、地籍図が不動産登記法第17条の地図として備え付けられます。

地籍調査の進め方
(1)地権者への説明会
(2)一筆地調査
(3)地籍測量及び地積測定
(4)成果の閲覧・確認
(5)成果の活用・登記所への送付

森林境界明確化事業

山村地域では、森林所有者の高齢化等により森林所有界が不明確になっています。
そこで森林の境界の明確化作業に取り組むことにより、間伐等の施業の集約化を図り、健全な森林整備が推進されます。


境界明確化の進め方

【1】準備、調査
【2】境界明確化活動のための地域の座談会の開催
【3】森林所有者等による現地検討会
【4】GPS等測量、境界杭の設置等による森林所有者界の明確化
【5】測量データのGISによる森林施業図の図化

体験学習等による普及活動

当組合は小・中・高校生を対象にした体験学習を開催しています。森林の仕事を体験することによって、森林の機能やその重要性を知り、森林の仕事に興味をもってもらいたいと考えています。

地元の高校生に下刈や立木材積の測定法等林業に関することを体験学習の中で教えています。

小学校で飫肥杉についての授業があり、         植樹祭の開催での地域への普及活動
そこで飫肥杉の伝統や特徴などを子供達に
説明しています。