森林は、雨水を蓄え洪水を防止したり、土砂の流出や崩壊を防ぐ役割を果たしているほか、私たちの保険休養の場や、様々な生物の貴重な生息の場を提供しています。またCO2を吸収、貯蔵し地球温暖化防止に大きく貢献しています。
そのように様々な役割を果たしている森林を育成するためには、適正な森林整備が欠かせません。

森林造成事業

森林がもつ公益的機能を次世代に残すため、伐採後も環境を重視した施業を行い、繰り返し森林を作り上げることができるように取り組んでいます。
また、植栽未済地(人工林を伐採したあと植林されない)の解消にも積極的にり組んでいます。
植林した山はある程度木が育つまで

下刈り
植栽木が育つとともに周りの雑草木も育ち、植栽木から太陽の光を奪ってしまいます。そこでこれらを刈り払う作業を下刈りといいます。
除伐
植栽木の成長の邪魔になる雑木や形質の悪い植栽木を取り除く作業をいいます。
枝打ち
林内を明るくして地面の植生の生育をたすけること、病害虫の発生を防ぐこと、節の少ない木材を生産することなどを目的に、下枝を切り落とす作業です。
・・・を行い木の健全な成長を促します。
南那珂森林組合では保育作業の啓蒙につとめ、
これらの森林整備事業に取り組んでいます。

保育間伐

育成段階にある森林において、樹木間の込み具合・適正な樹幹率に応じて、不良木や劣勢木を中心に間引きし、優良木(残存木)の成長を促進させる施業です。
また、林地内に太陽光線が届きやすくなり、下草が生育しやすい環境ができ、優良木の根張りも促進できることから、土壌の流出を抑制すると共に、適度な保水機能を持ち、土砂流出災害防止の観点からも重要な施業です。

利用間伐

保育間伐と同様に、優良木の育成を促進し、林地内の適正な密度管理のために行う施業です。
そのうえ、将来の目標林型を見据えて適度に間引きした樹木を、木材価格・搬出条件等を考慮した上で、低コスト路網や高性能林業機械を利用し、木材の伐採~搬出~販売を行い、中間収入を目的とした施業です。

森林土木事業

当組合は林業基盤整備である路網整備に積極的に参加しています。林業にとって路網整備は森林施業を実施していく上で不可欠な施設であり、森林を守るために重要な役割を果たします。

効率的な作業路網を開設することにより

木材を搬出する際のコスト削減を図り、森林所有者の所得の向上にも繋がり森林整備を行う際も容易に目的地に到達できるようになります。
作業風景

完成した作業路例