森林経営計画制度とは

農林水産省は「森林・林業再生プラン」を策定し公表しました。
その主な内容は
● 森林の有する多面的機能の持続的発揮
● 林業・木材産業の地域資源創造型産業への再生
● 木材利用・エネルギー利用拡大による森林・林業の低炭素社会への貢献

<森林・林業基本計画> 市町村整備計画のマスタープラン

<市町村整備計画>

発揮を期待する機能ごとの区域とその施業方法を主体的かつ柔軟に決定する。

・新たなゾーニングの導入

・皆伐や更新基準及びその摘要範囲を明示

・路網計画・図面計画化

・森林経営計画の認定基準


これを基に森林経営計画が作成されます。

『森林経営計画制度』
森林法改正により創設された制度で、森林施業の集約化を進め、面的なまとまりのある森林の持続的な経営を確保し、森林の有する多面的機能の十全な発揮を図っていくための長期方針を定めた路網の整備等を含む計画を作成する制度です。